脱出警部の謎解き事件簿

謎解きや脱出ゲームについての感想を書いています。(アメブロからお引越し中)

よだかのレコード「ミッドナイトモンスターバッシュ-怪物晩餐会からの脱出-」〜モンスター達のパーリナイ!〜

どうもです。

晩餐会なるものに行ってことがない脱出警部です。

(友達と夜ご飯を食べに行くのは晩餐会( ̄▽ ̄;)?)

 

今回は、よだかのレコードのゲリラ公演「ミッドナイトモンスターバッシュ-怪物晩餐会からの脱出-」に参加してきましたので、その感想を書いていきたいと思います。

この「ミッドナイトモンスターバッシュ-怪物晩餐会からの脱出-」こと「モンスター脱出」は、よだかのレコードのゲリラ公演でして、突如としてXによだかのレコードから謎が投稿されました。

 

当時はまだ公演名が発表されておらず、Xに投稿された謎を解くと、このゲリラ公演のチケット購入ページへといけるのです。

 

自分は全然解けず、謎解き仲間に助けを求めて、なんとか解けました。

その後、公演名が発表されまして、具体的な公演のストーリーなどが分かったのです。

ゲリラ再演!!「モンスター脱出」に行ってきた!!!

♦ ストーリー ♦

最終バスだと思って、不思議なバスに乗ってしまったあなた。

気を失い、目が覚めると沢山のモンスターの姿が。 どうやらあなたは、モンスターたちが住む世界に来てしまったらしい。

 

この不思議なモンスターバッシュから、元の世界に帰れるのだろうか!?

(※「ミッドナイトモンスターバッシュ-怪物晩餐会からの脱出-」公式サイトより引用)

不思議なモンスターの世界に迷い込んでしまったらしいですね( ̄▽ ̄)

【公演詳細】
公演形式:ホール型    
所要時間:約120分
チーム人数:1チーム4人  
難易度:★★★★☆/5段階

さてこの公演ですが、元々は、よだかのレコードがある謎解き界隈の人達が集まるパーティーで行った謎解きを一般用にカスタマイズしたものらしいです。

 

そのパーティーの名残か、この公演ではお菓子と飲み物を食べたり飲んだりしながら楽しめる公演なのです!

食べながらと言いましたが、そんなガッツリとは食べませんよ。

小さなお手軽なお菓子を1つや2つくらいですかね。まぁ、謎解きの余裕があればもっと食べられるかもですが( ̄▽ ̄;)

 

元々はパーティーで行われた謎解きと言っても、謎解き界隈の人達が集まったパーティーみたいですから、普通に難しい(^_^;)

 

ですが、しっかりと解きごたえのある謎で、面白かったです。

物語の設定も、モンスターのバッシュということで、とても楽しかったです!

※『バッシュ』#とは

バッシュ【bash】

①:ぶん殴る,強く打つ

②:~を非難する

③:強打,にぎやかなパーティー

(※Weblio英和辞書より引用)

もちろん、この公演では『にぎやかなパーティー』という意味ですよ。そんなぶん殴るとか、そんなことはありません!

(※謎解き公演では、暴力行為や危険行為は禁止です。)

 

ゲリラ公演で発表されたので癖のある公演かと思いましたが、王道系の公演で、小謎から大謎まで良い謎が多く、とても面白かったです!

王道系の謎解きが好きな人は、やって欲しい!

 

謎のボリュームや内容と、バランスよかったと思います。

あと、ビジュアルとかデザインが良かったな~と個人的に思いました( ̄▽ ̄)

ハロウィンを彷彿させるようなモンスターパーティーらしいビジュアルイベントで好きです(^_^)

 

あと特に、ED映像の時に流れていた歌が、公演の雰囲気に合っていてすごく良かった!

めっちゃ合ってる・・・良い・・・。となって、スタッフクレジットで流れていた曲名を覚えて、帰りに検索して聴きました。

 

 

さてそんな公演ですが、自分はギリギリで成功~!

お菓子食べてる余裕、全く無かったです・・・(;'∀')

終わった後、糖分補給でいただきました。

ジュースは熱中して暑くなったので、飲み干してしまいましたが(;´∀`)

美味しかったです。

 

 

よだかのレコード「ミッドナイトモンスターバッシュ-怪物晩餐会からの脱出-」は、物語の設定がモンスターのパーティーととても面白い公演です。

 

内容としても王道系の謎解きで、初心者でも楽しめる公演だと思います!

(簡単とは言っていない。)

 

公演の設定や雰囲気からして、ハロウィンとか好きな人はこの公演も好きだと思います( ̄▽ ̄)

 

ぜひともやって欲しい!・・・と思っているのですが、この公演は期間限定開催の公演みたいでして、再演があるのか分かりません!

まぁ、ゲリラ公演と銘打っていたわけですし、再演があるのやらどうやら・・・。

でも、ゲリラ公演だからこそ、また唐突にゲリラ再演があるかもしれませんので、よだかのレコードの公式Xやサイトを要チェックです!

よだかのレコードの人気コラボ公演!!

この「ミッドナイトモンスターバッシュ-怪物晩餐会からの脱出-」の後は、よだかのレコードの人気シリーズであり、人気作品とのコラボ公演が始まります!

 

それは、「ひぐらし謎」です!

人気作品『ひぐらしのなく頃に』とのコラボ公演を過去4作やっていますが、また新たに第5弾の開催が決定したのです!

 

それに先駆けて、過去4作品をリバイバル(再演)行います!

第1弾「雛見沢脱出計画」
→2024/5/10(金)~5/19(日)


第2弾古手梨花暗殺計画」
→2024/5/23(木)~5/26(日)


第3弾「園崎家の暴いてはいけない秘密」
→2024/5/30(木)~6/2(日)


第4弾「絶対絶命のカケラからの脱出」
→2024/6/7(金)~6/16(日)

どの公演も『ひぐらしのなく頃に』とのコラボとだっけあってかなり難しいので、成功できたらすごいです!

 

ぜひ、新作の第5弾の前に過去作の方にも挑戦してみてください!

www.yodaka.info

 

自分がかつて“ひぐらし謎”の第1弾「雛見沢脱出計画」に参加した時の感想を書いていますので、もしお時間がありましたら参考までに。

keibuescape-nazotoki.hatenablog.com

 

 

 

さて話を戻し、「ミッドナイトモンスターバッシュ-怪物晩餐会からの脱出-」は、バッシュ、にぎやかなパーティーに相応しい公演で、とても楽しかったです!

 

お菓子に飲み物も楽しめて・・・・・って、自分はそこまでの余裕はありませんでしたが、謎解き後のお菓子も美味しい!

 

キット等のデザインも良く、雰囲気のある公演なので、もし再演があった時にはぜひ参加して欲しいです!

 

再び、モンスターバッシュが開催された時には、ぜひともご参加を。

安心してください。謎解きモンスターであるあなたは、モンスターバッシュに参加しても問題ありませんから(^_^)

(写真ブれた~!モンスターの仕業か!?)


SCRAP「漂流した救命ボートからの脱出」~極限状態の謎解き!過酷な状況での絶体絶命の・・・。~

どうもです。

救命ボートでイメージするのは、名探偵コナンの映画「水平線上の陰謀」の脱出警部です。

 

今回は、リアル脱出ゲームの「漂流した救命ボートからの脱出」に参加してきたので、その感想を書きたいと思います。



 

会場は、東京ミステリーサーカスの4階

普段は、通常のホール型公演が行われているところですが、今回は一味違うのです!

今回の舞台は、公演名にある通り救命ボート。

そう、救命ボートの中に入って謎を解くのです!

(↓イメージ↓)

会場に入れば、思わず「おぉ~。」となりますよ(^_^)

実際、自分も声を上げてしまいました。

 

極限の謎解き!!「救命ボート脱出」に行ってきた!!

♦ ストーリー ♦

「船が沈むぞ!」

 

誰かが叫んだ。

客船「白雲丸」に乗っていたあなたは、突如として絶望的な状況に追い込まれる。

海難事故に遭遇し船が沈没を始めたのだ。

パニックになり我先にと救命ボートに乗り込む乗客たち。

あなたはなんとか救命ボートに乗り込むことはできた。

 

しかし…

周りを見渡せどそこは360度すべて海。

暖をとる道具もなければ、十分な食料もない。

そこにあるのは絶望だけ…

待てど暮らせど救助船も来ない。

絶望と孤独に包まれる中、救命ボートの近くに白雲丸の物資が流れてきた。

「この物資を使えば、助かるかもしれない…!」

さぁ、あなたはこの絶望の海の上で生きのびる方法を見つけることはできるのだろうか…

(※「漂流した救命ボートからの脱出」公式サイトより引用)

この公演は、過去のリアル脱出ゲームの「閉ざされた雪山からの脱出」と系統は同じで、「閉ざされた雪山からの脱出」は、実際にテントに入って謎解きをする公演なのです!

 

そして、今回は、救命ボート。

「閉ざされた雪山からの脱出」が山で、今作は海が舞台。

自分は「閉ざされた雪山からの脱出」に参加したことあるのですが、実際にテントに入って謎解きということで、臨場感があって面白く、ギミックや雰囲気も良かった公演だったので、今作の「救命ボート脱出」も参加することを決めました!

 

そして何より、この公演は・・・、

チーム全員が生還できるとは限らないのです!

 

公式サイトにも書いてあるのですが、

極限状態では時に過酷な選択をしなければならないこともあるだろう。

・・・って、ま、まさか!?仲間を・・・!!??

全員で生き残ることを胸に、仲間とともに行ってきました!

【公演詳細】
公演形式:ホール型
制限時間:40分(所要時間:最大100分)
チーム人数:1チーム4人  
難易度:★★★★☆/5段階
※ボート内は土足厳禁のため、靴を脱ぎます
脱ぎ履きしやすい靴が良いかもです。

まず何と言っても、救命ボート。

まぁ、狭いですね(^_^;)救命ボートですから。

でもそれがまた、雰囲気があって良いです。

 

今回の公演は制限時間が40分なので、通常の公演よりかは少し短いです。

なので、効率よく解き進めていきたいところです。

 

まずは、OP。

グッと、世界観に引き込まれます。

自分たちが漂流してしまったんだ・・・と焦りと不安が大きくなります。

 

さて謎に関してですが、簡単ではないですね(^_^;)

それはそう。我々は、漂流してしまっているのですから。

おまけに、狭い救命ボートの中。

近い距離にいるからこそ、しっかりと『情報共有』と『役割分担』を。

 

 

さてさて、話は変わりますけど、実はこの公演、ネット(主にX)上では、かなりの話題となってします。

いや、正確に言うと、問題作として話題となっています。

 

おっと、問題作といっても、面白くないとか謎が理不尽で解けないとか、そういう悪い意味での問題作ではありません。

 

じゃなんで問題作って言われているの?ということになりますが、これは体験してみれば分かるとここでは言っておきましょう( ̄▽ ̄;)

ただ、問題作と印象付けてしまったかもしれませんが、そこまで構えて参加する必要はありません。

 

いわゆる攻めた内容とでもいうのでしょうか・・・、賛否両論がいつも以上にはっきりと分かれるから、問題作と表現しているのかもしれません。

人によっては好まない方もいるかもしれませんし、こういった攻めた内容が好きな方もいることでしょう。

 

もちろん、自分もそれを体験しましたが、いや~~!えげつない(>_<)

お、俺は、あの時どうすればよかったんだ~!

 

その点に関しては、どう感じるかは個人の自由なのでとやかく言うつもりはありません。個人的には、公演の世界観に合っていて好きですけど。

 

まぁ色々と言いましたが、なんか色々とすごい公演なんだなぁと思っていればOKです(^_^)

 

 

問題作と変なイメージを付けたかもですが、この公演は物語への没入感がすごいのです!

プレイ場所が救命ボートの中という点の他にも、OPの映像、BGM、会場の雰囲気、謎の内容などなど、それらが相まって没入感・臨場感を高めているのです!

そして、没入感が高まっていることにより、漂流を体験している・・・、まさにリアル脱出ゲームの“リアル”の部分が強く出た公演なのです!

 

自分はありがたいことに実際に漂流を経験したことないですが、もしかしたら、こんなことが起きるのかもとかこんな状況に出くわすのかもと、この公演をプレイしていて思いました。

 

 

そんなことを思いながらも、生き残るために必死に謎を解きます!

そうだ、俺は生きて帰るんだ!!

そして、結果は・・・・・。

 

 

 

4人生存!!!

脱出成功だ~!

い、生き残ったんだ~(・∀・)!

仲間とともに、生き残ることができました!

 

よかった!仲間とともに自分たちが生きることで精一杯でかなりギリギリでしたが、なんとか一緒にボートに乗った仲間の犠牲を出さずに生還できました~。

 

漂流の過酷さと現実の理不尽さ、そしてこの公演の魅力を存分などを喰らい、「もっと謎が解けるようにならなければ!」と強く思ながら、自分達はボートから降りたのでした。

 

 

リアル脱出ゲーム「漂流した救命ボートからの脱出」は、臨場感があふれる公演で、とても面白い公演です!

体験度の高い公演で、まさにリアル脱出ゲームの名に相応しい公演です!!

 

漂流時の過酷さ、そういった極限状態での取捨選択など苦しい場面もありますが、大変な状況を耐え忍び、生還できた時の喜びは大きいでしょう。

ただ、何かの犠牲の上での生還となれば、もしかしたら見えない十字架を背負っていくのかもしれませんね・・・。

 

どうような結末になるかは、プレイヤーの謎解き力と選択にかかっています!

 

初心者にオススメできるかというと、迷うところですね~。

内容が超難しいからオススメできないのではなく、何度も言っているように、この公演は救命ボート内で行うので狭い!

そんな状況の中で初心者に謎解きは難しいかもです。

しかも、情報やアイテム等も多いので、積極的にはオススメしません。

でも、謎解きもしたいけど、それ以上に漂流した救命ボートを肌で感じたい!、物語を体験したい!という初心者は行ってもいいかもしれません( ̄▽ ̄)

まぁ、ヒント機能とかもあるので、謎解きしたいという初心者もご安心を。

 

あと、この公演は友達や知り合いなど仲間とともにチームを固めて参加することをオススメしたいです!

この公演のストーリーでもあったように、「全員が生き残れるわけではない」・「過酷な選択をしなければならない」と、解き進めていくうえでチーム内で議論が活発になることもあるでしょう。

その時に、友達とあーだこーだと議論するのは、とても楽しいです(^_^)

 

自分も、いつもの謎解き仲間と参加しましたが、どうする?どうする!?と色々と話し合い、結論が出たときは面白かったですね(´∀`)

 

この公演はグループチケットもあるので、ぜひともお友達と参加してみてください!

 

ちなみに、この公演のオリジナルグッズの一つに“公演パンフレット”があります。

この公演は賛否両論分かれる公演で攻めた部分があるといいましたが、その公演パンフレットには、この公演の制作者インタビューが載っています!

どのような意図でそのような部分を実装したのか、制作者の考えや思いについて気になる方はぜひともご購入を!

(※公演パンフレットはネタバレが含まれるので、公演参加後の購入がオススメ。)

 

 

そんな極限状態の謎解き・脱出ゲームが味わえる「漂流した救命ボートからの脱出」は、何度も言っているように、謎だけではなく、臨場感ある公演で体験度の高い公演だと思います!

 

なので、謎を解くよりも体験要素を味わいたいという方にもオススメ!

まぁ、設定が漂流している救命ボートなので、絶体絶命の緊迫感ある世界観ですけどね(^_^;)

 

いつ、このような危機的状況に陥るか分かりません!

なので、一度、この「救命ボート脱出」で漂流を体験しておくのもいいでしょう( ̄▽ ̄)

 

 

リアル脱出ゲーム「漂流した救命ボートからの脱出」は、様々な側面から面白く、話題となっている公演です!

 

この絶体絶命で極限状態の中、過酷な状況に陥ったとしても、皆さんは生き残ることができるでしょうか・・・。

 

よだかのレコード「カジノクラブアイスクリームからの脱出」~謎が解けるのが先か、アイスが溶けるのが先か。それとも・・・。~

どうもです。

アイスではバニラ味が好きな脱出警部です。

 

この記事では、よだかのレコード「カジノクラブアイスクリームからの脱出」の感想を書きたいと思います。

「カジノアイス脱出」に行ってきた!!

このよだかのレコードの「カジノクラブアイスクリームからの脱出」こと「カジノアイス脱出」は2024/4/27(土)より始まった公演で、ホール型の公演です。

 

しかも、聞いたところによると、過去作「魔女メデューサと365年かけた脱出」を制作したメデューサチームが作ったらしいです。

この「魔女メデューサと365年かけた脱出」は、かなり難しい謎解きでしたが、とてもクオリティ高く、謎解き好きが多く投票する“謎解き系イベント勝手に大賞”の2023年ベストイベント賞の第5位にランクインしたほどの公演です!

(たしかに、めっちゃすごい謎でした!)

 

そんなハイクオリティの公演を作る制作チームが作る公演なら、行かないわけにはいかないですし、公演名を見て見ると、「カジノ」と「アイスクリーム」と異色の2単語が混ざっていますね。とても気になったので、行ってきました!

♦ ストーリー ♦

溶けるような甘い体験のできる

カジノクラブアイスクリーム。

今回の挑戦者は少し訳アリなあなたたち!

すべての知恵を振り絞り人生を賭けて、

一攫千金を目指して挑め!

(※よだかのレコードの「カジノクラブアイスクリームからの脱出」公式サイトより引用)

アイスクリームというのはカジノクラブの名前なんですね。

アイスのように、解けるような甘い体験ができる・・・( ̄▽ ̄)

最高だ!

 

あと、この公演のイベントビジュアルが、好きです(^_^)

カジノのゴージャス感がありつつ、鮮やかな緑がアイスのミントみたいで、公演名に合っていて、すごく良い!

 

会場は、ドラマチックルーム(北新宿)

 

【公演詳細】
公演形式:ホール型    
所要時間:約120分
チーム人数:1チーム4人  
難易度:★★★★☆/5段階

まずやはり、よだかのレコードらしくいわゆる物量が多めだっかな~いや、いつもよりかは少なめか・・・。

「物量、多っ!?」とはならなかったとだけ言っておきます。(個人的感覚)

なので、そんなに気を張らずに。

 

公演全体としては、個人的な印象としては、全体的に解きごたえあって楽しかったです。小謎も面白かったです(^_^)

個人的には、途中の謎が面白くて好きでした!

公演の世界観もよかったです。

 

難易度は、相変わらずで難しいですね~。

いつも難しいと言ってますが、いつものよだかくらいの難易度ですかね~。

もちろんのこと簡単ではない。

 

途中のアレとか面白かったな~。

参加すれば分かる( ̄▽ ̄)笑った、笑った(・∀・)

 

自分らはちょっと苦戦した場面もありましたが、そんなに大きく詰まることなく行けていたと思います。

 

しかし、やはり大謎。

まぁ、簡単には解けませんよね~。

じっくり考えます!(じっくりと言っていますが、そこまで時間は残っていませんでしたけど・・・。)

 

 

そして、結果は失敗!

時間をかけても解けない・・・・・。

時間がかかって溶けるのは、アイスだけなんですね(^_^;)

 

大きく詰まった感じはなかったのですが、途中途中で少しずづ苦戦して、それが積もって、大謎にかける時間が少なくなってしまったのが敗因ですかね~。

 

私たちは失敗してしまいましたが、自分の参加回の半数くらいは成功してたかな( ̄▽ ̄)

思っていたよりも成功していたので、驚きました!

 

 

この「カジノクラブアイスクリームからの脱出」は、設定がカジノととても面白い公演です!

 

個人的には、やはり大謎!

いや~!面白い大謎だったからこそ、ひらめきたかった~!!

 

もちろん、小謎・中謎も、カジノやアイスクリーム要素があって、この公演に相応しい謎ばかりで、解いていて楽しかったです!!

 

この公演も難しいので、しっかりと『情報共有』と『役割分担』、そして『情報整理』も大事です!

やはり、謎解きは情報がたくさん出てきますから、共有と同時に整理も重要です!

 

 

よだかのレコード「カジノクラブアイスクリームからの脱出」は、アイスのように甘い・・・わけではなく、甘くない謎です!

 

これからの時期、暑くなってアイスが美味しくなる季節なので、アイスで糖分補給して参加してみてください!

もちろん、成功して、ご褒美でアイスというのも大あり(・∀・)

 

 

アイスが溶けるのが先か、謎が解けるのが先か・・・。

 

それとも、カジノだからお金を使い過ぎて、お金を溶かすのが先か。

www.yodaka.info

 

タンブルウィード「TARGET」~先端技術×謎解き。マジでオススメの“MR”謎解き!~

どうもです。

現代の技術は本当にすごいですよね。

そんな先端技術についていける気がしていない脱出警部です。

 

今回は、タンブルウィード「TARGET」に参加してきましたので、その感想を書きたいと思います。



先端技術×謎解き「TARGET」が面白かった!!

タンブルウィードの「TARGET」は、先端技術を使う謎解きゲームです。

その先端技術とは、【MR】

※『MR』#とは

「Mixed Reality(複合現実)」の略称であり、仮想世界と現実世界を「融合させて」表現される体験の総称です。

一般的によく知られる「VR」と「AR」、その両者の中間的な立ち位置にあるともいわれます。

(※タンブルウィード「TARGET」公式サイトより引用)

 

複合現実(ふくごうげんじつ、英語: mixed reality、ミクスト・リアリティ、MR)とは、現実世界と仮想世界を複合・融合させ、相互にリアルタイムで影響し合う空間を構築する技術を指す言葉。エクステンデッド・リアリティ(XR)と呼ばれる先端技術の一つである。

(※Wikipediaより引用)

VRとARの中間的な立ち位置の先端技術なんですね。

なんかすごそう( ̄▽ ̄)←よく分かってない

 

♦ ストーリー ♦

先端技術との融合で、体験型コンテンツはさらに進化する。

最先端のコンテンツを提供するタンブルウィードラボの新作は、

【謎解き × MR】。

これは、あなたが実際にヘッドセットを装着し、

ステージをクリアしていく体験型ゲームです。

(※タンブルウィード「TARGET」公式サイトより引用)

“タンブルウィードラボ”は、先端技術×体験型ゲームを提供しているタンブルウィードのレーベルの1つです。

謎解き団体のレーベルについては、以下の記事にまとめていますので、もしお時間がありましたらご一読いただけますと嬉しいです。

keibuescape-nazotoki.hatenablog.com

 

さて公演について。

【公演詳細】
公演形式:ルーム型    
所要時間:約110分
チーム人数:2~4人(1名でのプレイ不可)  
難易度:★★★☆☆
※この公演はMRを利用するため、公演中、MR機器のヘッドセットを
頭に装着する機会があります。(公演中、ずっとというわけではない。)

この公演は、MRという先端技術を使う公演なので、ヘッドセットを付ける時があります。眼鏡をかけていても付けられる仕様なので、そこはご安心を。(※眼鏡のサイズや種類によっては外さなければ付けられない場合もありますので、そこ点は留意を。)

 

 

さて、この公演の感想なんですが、まず率直に楽しかったです!

 

こういったハイテクな機器等を使うと、そちらに力を注ぎ過ぎて、謎が微妙になってしまうみたいなイメージが勝手にありましたが、謎も面白かったです( ̄▽ ̄)

 

いつもの謎とは違い、この公演は、“ユニバーサルヒラメキゲーム”というシリーズで、言語や文化に依存しない、言語情報を必要としないヒラメキゲームなのです。

言語に依存しないことから、日本語などで出題されるというわけではないのです。

過去作で言うと、「TableT」がこのユニバーサルヒラメキゲームに該当します。

 

そういった観点からも、この「TARGET」は面白かったですね~。

 

そして何と言っても、MR!

マジですごかったです!!

 

最初はずっと、「すごい!すげぇ~!」としか言ってませんでした( ̄▽ ̄;)

だってすごいんだもん!

現実にはないのに、ヘッドセットを付けて見ると、目の前にあるんだもん!

思わず、手を伸ばしてしまうほどです(・∀・)!

 

ちなみに、一人がずっとヘッドセットをしているわけではなく、ステージごとに装着者が変わりますので、参加者全員が体験できるのでご安心を。簡単なゲームの進め方とかは、公式サイトに記載されていますので、一度ご覧になってはいかがでしょうか。

www.tumbleweedjp.info

 

謎も、すごく面白かったです!

MR技術を生かした謎で、解いていて楽しかった!

先端技術系の謎解きとはいえ、『情報共有』は本公演でも大事なので、そこはいつもと変わらず、しっかりと。

 

自分のチームは序盤は順調に行けてたかな~と思っていたのですが、途中、苦戦する場面もあり、最終的には何とかギリギリでクリアすることができました~。

本当にギリギリでした( ̄▽ ̄;)

あと数秒遅かったら、失敗になっていたかも・・・。

 

というくらいに、MRを楽しむのもいいのですが、謎を解く時はしっかり解かないと時間が無くなってしまいますよ~。

 

 

タンブルウィードの「TARGET」は、いつもの謎解きとは違い、とても面白いです!

 

まずは、言語や文化に依存しないという点。

タンブルウィードのユニバーサルヒラメキゲームという種類で、言語情報に依存しないので、そこが面白いです!注意点ですが、言語に依存しないといっても、ゲームの案内などは日本語のため、もし外国人の方とプレイしたいと思っている方は、その点をご留意ください。

 

そしてなにより推したポイントが、先端技術MRを使っていること!

これは本当にすごくて、MRとか詳しくない方にはぜひとも体験して欲しいです!

もうちょっと、MRのヘッドセット、欲しくなったもん!

今回使ったのは、“HoloLens2”というものらしいです。

 

ちなみに、この公演に参加する時に注意したいのが、まず、ヘッドセットを装着するために、不織布性のキャップを被るので、髪が崩れる可能性もありますが、衛生面の観点からそこは承知の上ご参加ください。

 

あと、MRのヘッドセットはめちゃくちゃ高価なものです!

まぁ、先端技術の代物ですから、高いのは想定の範囲でしょう。

とにかく高価な物なので、公演の時は取扱いに注意してくださいね!

スタッフの指示には従って、大切に使いましょう。

弁償することになったら、大変ですからね( ̄▽ ̄;)

 

 

先端技術×謎解きの「TARGET」。

 

この公演は、2024年6月2日(日)で公演終了となってしまいます!

先端技術を用いている公演ですから、再演があるのかどうかも分かりません!

ですので、この機会に是非とも参加して欲しいです!

 

マジで(Majiで)

オススメ(Recommend)

の“MR”謎解き公演です(・∀・)!

 

現実×仮想×謎解きのヒラメキゲームで、とても面白いのでぜひ!



SCRAP「ナゾだらけの部屋からの脱出」~見渡す限りのナゾ!?謎!?NAZO!?なぞ!?~

どうもです。

 

ナゾだらけというより、積み謎だらけの脱出警部です。

(持ち帰り謎は、計画的に購入し、計画的に解いていきましょう。)

 

今回は、SCRAPの期間限定公演である「ナゾだらけの部屋からの脱出」に参加してきましたので、その感想を。

ナゾだらけの部屋から脱出したった!!

この「ナゾだらけの部屋からの脱出」こと「ナゾだらけ脱出」は、東京ミステリーサーカスの3階で1ヶ月限定で開催されている公演です。(※この記事を書いている時点では、さらに1ヶ月の延長開催が決まっている)

 

東京ミステリーサーカスの3階は、“リアル潜入ゲーム”等が開催されていましたが、次の新しいコンテンツが決まるまでのつなぎで期間限定なのかどうかは分かりませんが、謎だらけということなので行ってきました(゚∀゚)

 

♦ ストーリー ♦

東京ミステリーサーカス3Fに突如大量のナゾが出現!

あなたのすべきことはただ一つ。

制限時間30分以内に、ナゾを見つけて解きまくること。

そして最後に待ち受けるのは、たった3分のリアル脱出ゲーム!

あなたの謎解き力を試す、ひらめきフル活用のスコアアタックの幕が上がる!

(※東京ミステリーサーカス公式サイトより引用)

スコアアタック系の公演みたいですね。

【公演詳細】
公演形式:ルーム型?特殊型? 
所要時間:最大70分(謎解きパート30分+脱出パート3分)
チーム人数:1チーム4人  
難易度:★★★☆☆

公演形式がルーム型なのか特殊型なのかという点ですが、ルーム型やホール型のように一斉スタートではなく、随時、順番に会場に案内されていくスタイルなのです。それこそ、リアル潜入ゲームのような感じですね。

 

そして、制限時間なのですが、この公演は、2部構成になっていて、謎解きパート30分・脱出パート3分となっています。どういうことかは、やれば分かります( ̄▽ ̄)

 

 

さて、プレイした感想ですが、もちろん面白かったです!

謎の難易度ですが、公演名にある通りナゾだらけなので、謎がたくさんあるわけです。そのため、簡単な謎から難しい謎まで(>_<)

 

でも、色んなタイプの謎を解くことができるのが、謎が多い公演の楽しいところです(^_^)

 

さて、この公演はスコアアタック制と言いましたが、それゆえ、解ける謎・解くのが難しい謎の見極めが大事です。

単に目の前に現れた謎を解くだけではなく、解けそうな謎を解いていきましょう。

選球眼ならぬ、選謎眼が重要です!

 

それと、謎が多いので、しっかりと役割分担も。

どんな公演でも、『情報共有』と『役割分担』を忘れずに。

 

脱出パートの感想ですが、こちらは、ザ・ルーム型という感じなので、これまた面白い。

3分しかないので、最初から全力で解きにかかってくださいね(・∀・)

謎解きパートで、しっかりと頭をうごかしておいてください。

 

にしても、制限時間が3分ということもあり焦りますね~。

自分は、「えっ、どうしよう!?何しよう!?分からないよ!!??」と焦っていましたが、チームの方が冷静にひらめき、無事に脱出成功。

 

だっしゅほ~い(゚∀゚)/!!

 

よく気づいたな~。

やはり、冷静になるのが大事ですね(^_^;)

 

ちなみに、ランクの方ですが44ポイントS+でした!

まぁこれが高いのか低いのか・・・。

ちなみに、会場に今週のランク上位10チームという掲示がありましたが、全部最高ランクでした(;'∀')

結構いい感じでいけてたんですけどね~。それでも、最高ランクではありませんでした。

 

 

さてこの「ナゾだらけ脱出」ですが、当初はGWまでの1ヶ月の期間限定開催でしたが、人気ということで、6月16日(日)までの開催期間延長が決まりました!

人気公演なので、チケットが完売するまでにぜひ参加して欲しいです!

mysterycircus.jp

 

 

「ナゾだらけの部屋からの脱出」は、短い公演時間の中でたくさんの種類の謎を解くことができるので、とても面白い公演です!

 

謎解きパートと脱出パートが分かれているので、初心者でも分かりすくて、楽しめる公演だと思います!

もし謎解き経験者で、初心者とともに参加するのでしたら、こちらの公演がおススメかも。

 

もちろん、難しい謎もありますし、最高ランクを目指そうとなれば、謎解き熟練者でもそう簡単なことではありません!

ぜひ少しでも上のランクを獲れるよう、挑戦してみてください!

 

謎解き大好きな人は・・・、まぁ「ナゾだらけ」って言葉だけで参加を決めちゃいますよね!「ナゾだらけ」、謎解き好きとしては惹かれる言葉ですね( ̄▽ ̄)

 

ナゾだらけ・・・・・。

 

 

さぁ~あ~♪ナゾだらけのストーリー~♪

I'm just a Question Repeater~~~♪

さぁ~あ~♪クイズの時間がやってきたよ♪

Question Repeater~~~♪

ロボピッチャー『Question Repeater』より】

ロボピッチャー

リアル脱出ゲームの生みの親である加藤隆生氏がボーカルを務めるバンド。

 

リアル脱出ゲームでも聴く『限りある世界で』なども、ロボピッチャーの楽曲。

 ちなみに、筆者はここ数ヶ月、『Question Repeater』にハマってよく聴いている。

  

Question Repeater - YouTube

限りある世界で - YouTube

 (ぜひ聴いて欲しいです(^_^))

 

おっと、急に歌いだしてしまい、すみません。

好きなものでつい。謎解き公演の前とかに聴いて、モチベーションをあげています。

 

先程紹介した歌では『ナゾだらけのストーリー』とありましたが、この「ナゾだらけ脱出」には他の公演と違って、ストーリーというストーリーがありません。ただ、たくさんの謎を解く。そして脱出する。

 

シンプルだからこそ、試される己の謎解き力。ひらめき力。

 

ナゾだらけの部屋で、謎を解いて解いて解きまくり、最高ランクを目指せ(・∀・)/!!!

 

タンブルウィード×学生謎解き制作団体!!4つの学生謎解き団体とのコラボの“目指せ卒業キャンペーン”!

どうもです。

大学時代は、何とか留年せずに済んだ脱出警部です。

 

さて今回は、タンブルウィードの“目指せ卒業キャンペーン”というキャンペーンがありましたので、それについて書いていこうかと思います。

 

4つの学生謎解き制作団体とのコラボ!!

目指せ卒業キャンペーン#とは

そもそも“目指せ卒業キャンペーン”とは、4つの学生謎解き制作団体がタンブルウィードと謎解き公演を共同制作をし、その4つの公演に参加するとコラボ記念の謎解き冊子が貰えるというキャンペーンなのです。

学生謎解き制作団体とコラボした
4つの新作イベントに参加すると、
タンブルウィード✕4学生団体共同制作の
コラボ記念オリジナル謎解き冊子がもらえる!

(※タンブルウィードの“目指せ卒業キャンペーン”サイトより引用)

www.tumbleweedjp.info

そして、今回タンブルウィードとコラボした学生謎解き制作団体とは、

・algo(早稲田大学謎解き企画)
・AnotherVision(東京大学謎解き制作集団)
・K-dush2(慶應義塾大学謎解き制作サークル)
ハードナッツ京都大学謎解き制作団体)

こちらの4団体です!

どの学生謎解き制作団体も、謎解き界隈で有名な実力も実績もある団体です。

 

その学生謎解き制作団体がタンブルウィードと共同制作するということで、非常に楽しみでした。

 

もちろんのこと、私、4公演とも参加してきましたので、それぞれの感想と4つの公演に参加後に貰える『謎解き卒業試験』の冊子について書きたいと思います。

タンブルウィード×algo「改造人間工場からの生還」

まず最初に参加したのは、早稲田大学謎解き企画algoとのコラボ公演「改造人間工場からの生還」です!

algoも好きな謎解き制作団体ですし、このキャンペーンの最初の参加公演だったので非常に楽しみでした!!

♦ ストーリー ♦

20XX年、数々の兵器を開発し、世界を征服しようとする悪の組織がいた。

その悪の組織に世界中の機関が対抗し、数年後に討伐することに成功した。

組織が持つ世界中の工場は破壊され、悪の兵器は廃棄された…はずだった──

あなたは、組織が秘密裏に開発していた新型兵器”改造人間”の第一号。

悪の組織が討伐される何年も前に、命からがら工場から逃げ出したのだ。

そう、まだ悪の兵器が残っていたのだ。

組織が討伐された後も、あなたは“普通”の人間を装って暮らしていた。

 

そんなある日、あなたはふと思った。

このまま人間として生きていても、いつか悪の兵器だとバレたら殺されてしまう。

そんな生活、もう嫌だ。

 

人間に、戻りたい──。

 

人間に戻りたい気持ちを抑えきれなくなったあなたは、

人間に戻れる可能性を求め、自分が生まれた工場

”フォロボス”に向かったのだった。

(※タンブルウィード「改造人間工場からの生還」公式サイトより引用)

自分が、改造人間側なんだ!

早く人間になりた~い!

【公演詳細】
公演形式:ホール型    
所要時間:約120分
チーム人数:1チーム4人  
難易度:★★★★★

いや~、難しかったですね~(^_^;)

でも、クオリティ高くて、すごく面白かったです!!

 

自分のチームは途中で苦戦しましたが、なかなかいい線までいけてたのでは~と思いましたが、まだまだでしたね。

 

あと何と言っても、いわゆる大謎がめっちゃ面白かった!

すごくよくできている!

ああいった謎を閃いて解けるようになりた~い!

 

全く歯が立たないという激ムズではなく、情報をしっかりと見て考えればいけたな~!と思えるいい塩梅の難易度なので、そこもまた良い点ですね(^_^)

 

謎だけではなく、EDのムービーも良かったですね~。

面白かったです!

 

個人的には、今回のキャンペーンの4公演の中では、一番バランスが良かったかも。難しいことは間違いないのですが、謎の量やストーリー、面白さ等々、どれもが良かったですね(^_^)

 

このタンブルウィード×algoの「改造人間工場からの生還」は、とても面白い公演なので、ぜひやって欲しいです!!

 

追加公演もありますので、この機会に!

◆「改造人間工場からの生還」追加日程◆
【日時】2024/4/26(金)~4/29(日)
【会場】謎解きcafeスイッチ
 

まだ行けてない方はぜひ!

tumbleweedjp.info

タンブルウィード×AnotherVision 「黒蘭邸と夢現さまよう探偵譚」

続いては、東京大学謎解き制作集団AnotherVisionとのコラボ公演「黒蘭邸と夢現さまよう探偵譚」です!

「黒蘭邸と夢現さまよう探偵譚」。

ん~、AnotherVisionらしいカッコいい公演名ですね( ̄▽ ̄)

♦ ストーリー ♦

妖しくも美しい花の館 “黒蘭邸”

その昔とある小説家が暮らしたこの館には、

今もなお不思議な花々が咲き乱れているという。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あの事件の真相を知りたければ

黒蘭邸でお待ちしております

真の名探偵なら

きっと解き明かせることでしょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一片の手紙に誘われ、探偵は館へと足を踏み入れた。

 

不可解な事件、待ち受ける謎。

鍵を握る一篇の小説。

これは夢か、それとも——

凶器は「ユメ」。

夢現の暗闇に、その手で真実を照らし出せ。

(※タンブルウィード「黒蘭邸と夢現さまよう探偵譚」公式サイトより引用)

我々は、探偵ということなんですね。

探偵・・・・・、謎解き好きにとっては甘美な響きですね( ̄▽ ̄)

【公演詳細】
公演形式:ホール型    
所要時間:約120分
チーム人数:1チーム4人  
難易度:★★★★★★

ぶっちゃけ、超難しかったです(;'∀')

あっ、もちろん理不尽な難しさではないですよ。

緻密でよくできた謎でした!

 

でもやっぱり、難しい~!!

個人的には、今回のキャンペーンの4公演の中で一番難しかったかと思います。

緻密で複雑な謎だったので、なんか、ずっと頭を働かせ続けていたような。

なので、謎解きの基本である『情報共有』と『役割分担』をしっかりと。

 

そして、この公演の一番の印象は、やはり、作品の世界観!

なんとも不思議な感じで、とても魅力的でした。

AnotherVisionの不思議な世界観の公演は、やはり面白いです(^_^)

 

世界観とかは、過去作だと「天才芸術家サ・ヴァージュの耽美なる謎」に方向性は似てるかな~と個人的には思いました。

なので、「天才芸術家サ・ヴァージュの耽美なる謎」が好きな方は、「黒蘭邸と夢現さまよう探偵譚」も好きかと思います!

 

にしても、成功した人、すごい・・・。

いや、作った方もね。

 

タンブルウィード×AnotherVisionの「黒蘭邸と夢現さまよう探偵譚」は、不思議な世界観の公演で、謎も緻密で複雑ととても難しいです!

 

でも、謎もストーリーも魅力的で、あの世界観を体験する価値は十二分にあります!難しいからといって、参加をスルーしてしまうのはもったいない!

 

この公演も追加公演が決まっているので、ぜひ!

◆「黒蘭邸と夢現さまよう探偵譚」追加日程◆
【日程】2024/4/19(金)~4/21(日)
【会場】タンブルウィードナゾベース下北沢

この追加公演がラストチャンス!再演があるかどうかも分かりません!

公演日程は"夢現"、いや無限ではないので、ぜひともこの機会に参加してみてください!!

www.tumbleweedjp.info

タンブルウィード×ハードナッツHELLO WORLD

3公演目は、京都大学謎解き制作団体のハードナッツとのコラボ公演HELLO WORLDです。

♦ ストーリー ♦

21XX年、人口の増加に伴い、選民思想が浸透していた。16歳までの期間は施設での生活が義務づけられ、そこでは全ての教育がAIによって提供されていた。

16歳になると、最終試験が行われる。その試験を突破できた個体のみが、社会生活を歩む資格を得ることができる。

そしてついに今日、あなたは16歳の誕生日を迎えた。試験会場に向かおうとすると、見知らぬ封筒を見つける。

 

この試験は罠だ

突破手段は用意した

この施設から脱出しろ

 

いよいよ、あなたの運命を決める試験が始まる。

(※タンブルウィード「HELLO WORLD」公式サイトより引用)

謎解きでも、対AIみたいな設定の公演ありますよね~。

まぁ好きなんですがね( ̄▽ ̄)

【公演詳細】
公演形式:ホール型    
所要時間:約120分
チーム人数:1チーム4人  
難易度:★★★★★

この公演も、難しかったです!!

個人的には、他の公演の難しさとはまた違った難しさだったかと。

自分のチームは、大苦戦しました(>_<)ドン詰まりでした( ̄▽ ̄;)

 

あのような謎が得意な人、なんか頭良さそう。

(→勝手な個人的見解)

 

アレが好きな人・得意な人は、この公演面白いと思えるかもですね。

アレに関しては、参加すれば分かるかと思います。

 

途中の謎に苦戦したこともあって、終盤の謎に費やせる時間が少なくなってしまい、失敗してしまいました・・・。

でも、大謎が面白くて、個人的には好きです(^_^)

くぅ~!解説の途中で近しいことを閃けたので、もう少し時間があったらいけてたかも!(→よくあるやつ)

まぁ過ぎたことはおいといて、タンブルウィード×ハードナッツの「HELLO WORLD」は、個人的印象になりますが、途中のステップの謎はもしかしたら人によって好みが分かれるかもしれません。

正直、自分は相性よくなかったかな~と思いました。でも、合わなかったからといって、面白くないわけではありません。

謎解きの頭の柔らかさだけではなく、論理的思考みたいな力があると強いかも。

慣れてないと難しいと思いますので、しっかりと『情報共有』と『役割分担』を。

 

タンブルウィード×ハードナッツの「HELLO WORLD」は、キャンペーンの他3公演とはまた違った難しさがありますが、面白い公演です!

 

クオリティ高い公演ですし、あと個人的には公演サイトが好きです(^_^)

(日程確認、チケット購入ついでに公演サイトを見てみてください。)

 

もちろん、この公演も追加公演があります!

◆「HELLO WORLD」追加日程◆
【日程】2024/4/18(木)~4/21(日)
【会場】謎解きcafeスイッチ

 

スケジュールを書き換えて、ぜひ参加してみてください!

tumbleweedjp.info

タンブルウィード×K-dush2「凍てつく未踏峰への挑戦」

4公演目は、慶應義塾大学謎解き制作サークルK-dush2「凍てつく未踏峰への挑戦」です!

♦ ストーリー ♦

1953年5月29日。

人類はついに、世界最高峰・エベレストの頂に到達する。

しかしその影には、未だ誰一人立ったことのない頂が存在した。

 

K2。

 

世界第二の標高を誇るその山は、孤立した地理状況や過酷な登山行程のために
登頂難度はエベレストをも凌ぐと言われる。

そんな残酷で美しい山は数々の名だたる登山家を魅了し、

そして、——帰らぬ者とした。

 

時は1954年。

世界最高峰《エベレスト》の初登頂が成し遂げられた翌年に、

あなたは世界最難峰《K2》へと挑む。

果たしてあなたは、この未踏峰の頂に立つことはできるのか——。

(※タンブルウィード「凍てつく未踏峰への挑戦」公式サイトより引用)

K-dush2だけに、K2が舞台の公演ですか・・・。

上手い!座布団一枚!

【公演詳細】
公演形式:ホール型    
所要時間:約120分
チーム人数:1チーム4人  
難易度:★★★★★

まぁ~、ここまで読んでこられた方ならお分かりかと思いますが、この公演も難しかったです(^_^)

えぇ、そびえ立つK2のように、多くの謎が立ちはだかりましたね。

 

この公演は、特に着々と解き進んでいる感覚があって、良かったですね~。

まぁ難しいので、スムーズに解き進められていたかと言われたら自信ないですが、面白かったです。

やっぱり、この公演でも、『情報共有』と『役割分担』が大切ですね。

特に、情報共有かな~と個人的には思います。

 

にしても、とても面白かったですし、何よりあれがめっちゃすごかったです!!

マジで、あれはすごかったです!思わず、感嘆の声が出てしまいました(゚∀゚)オ~!!

帰りに物販を購入したら、レジのスタッフに、「あの時、声上げてましたね~。」と言われるくらいです。

いや~!本当にすごい・・・!よく作れたな~!!

 

しかも、それだけではなく、あれもすごかった。

いや、えっ、何々!?そうくる!!??と完全にやられましたね~( ̄▽ ̄)

そうもってくるか~!!

・・・・・いや、素晴らしい!本当によくできてる!!

 

謎解きあるあるで、ネタバレに触れないようとしていたら、こんな感じになってしまいましたが、本当によくできた完成度の高い公演です!

 

わーわー言ってきましたが、面白くとてもすごい公演です!

でも、面白いからといって油断するなよ!

雪山では一瞬の気の緩みが生死を分けるように、謎解きでは一瞬の気の緩みが成功・失敗を分けるんだぞ!

 

えっ、自分ですか?

えぇもちろん、失敗でした!!

 

失敗したとはいえ、個人的には、この卒業キャンペーン4公演の中で、一番好きです!

どの公演も面白くクオリティの高い公演なので大きな差はないですが、ただただ好みの差ですかね( ̄▽ ̄)

 

本当に面白い公演なので、ぜひやって欲しいです!超おすすめです!!

 

この公演も追加日程がありますが、期間が短いのでこの機会を逃さずに参加して欲しいです!

◆「凍てつく未踏峰への挑戦」追加日程◆
【日程】2024/5/24(金)~26(日)
【会場】タンブルウィードナゾベース下北沢

 

ぜひ、K2の頂を目指し、成功も頂いてください(^_^)!

www.tumbleweedjp.info

 

 

ちなみに、自分は、4公演とも失敗でした・・・。

完敗です(>_<)

どの公演も、難しかった~(;´∀`)

でも、面白かった~!!

 

コラボ記念冊子『卒業謎解き試験』

さてさて、最初に書きましたが、“目指せ卒業キャンペーン”の該当公演に全部参加すると特典としてオリジナルの謎解き冊子が貰えるのです。

 

その特典の謎解き冊子を手に入れるためには、各公演の“修了証”が必要です。

この修了証は再発行できないので、無くされないようにご注意ください!

 

謎解き冊子の引き換え場所は、ヒラメカ下北沢です。

4枚の修了証を提示すると冊子が貰えますので、修了証を持ってくるのを忘れないようにしてくださいね!各公演の日程の関係上、1日に4公演に参加はできず日をまたいでしまうので、お忘れないように。

 

とはいっても、公演は遅いやつで5/26で終わってしまいますが、冊子『謎解き卒業試験』の引き換え期限は、6/2(日)までなので、まぁ焦らずに。

とにかく、無くさないことですね。

 

さて、修了証4枚で、このような特典の謎解き冊子『謎解き卒業試験』がもらえます!

こちらも面白いので、ぜひ公演に参加してゲットしてみてください!

 

せっかくなので、この冊子『謎解き卒業試験』の感想もちょろっと。

 

特典の冊子なので、そこまでページ数があるわけではないのですが、内容がボリューミー!

1問1問解きごたえがあって、面白かったです!!

 

そして、こちらももれなく難しい( ̄▽ ̄;)

正直、ヒント無しでは最後まで解けなかったよ・・・・・。

というくらいに、しっかりとした謎があります!

えっ、これタダでいいの!?と思うくらいに良い謎でした。

 

最後の謎、難しかったな~。

卒業試験ですからね。そう簡単にはいきません。

 

ちなみに、『謎解き卒業試験』をクリアすると、このそうな卒業証書が貰えます( ̄▽ ̄)

 

タンブルウィード情報まとめ

人気作一挙再演

タンブルウィードが、ゴールデンウィークとその前後1週間で人気作の再演を行います!

どれも面白いと評判高い公演ですね~。

自分も、参加していない公演があるので、この機会に参加したい!

 

自分が参加した中で個人的なオススメは、「ゾンビラボからの生還」ですね(^_^)

あの大謎が超すごくて面白くて、いまだに印象に残っている公演ですから、ぜひともおススメしたい公演です!

 

過去に参加したことあって記事にしているものを貼り付けておくので、もしよかったら参考までに読んでいただけたら幸いです。

keibuescape-nazotoki.hatenablog.com

keibuescape-nazotoki.hatenablog.com

ゲームマーケット2024春出展!!新作持ち帰り謎多数!!

2024/4/27(土),28(日)東京ビックサイトにて行われるゲームマーケット2024春』にタンブルウィードが出展されます!

 

しかも、そこでは、新作の持ち帰り謎や新作のマーダーミステリー作品など、新作商品が先行販売され、他にも人気の持ち帰り謎が販売されるようです!

 

新作の持ち帰り謎・マーダーミステリー作品

 

「アルティメットパズルブック SEASONS」
【想定プレイ時間】120~240分
【難易度】★★★★★★★☆☆☆(10段階中7)
【謎系統】パズル系
【値段】1,500円

※4/13(土)9:30より、ヒラメカ下北沢の“タンブルウィードナゾトキショップ
にて、100部限定の先行販売。

※タンブルウィードオンラインショップ↓
【4/27発売】【早期購入特典あり】アルティメットパズルブック SEASONS 制作:タンブルウィード | タンブルウィードナゾトキショップ

 

「26-ニジュウロク-」
【想定プレイ時間】90~180分
【難易度】★★★★★★★☆☆☆(10段階中7)
【謎系統】大混乱必至系
【値段】2,800円

※タンブルウィードオンラインショップ↓
【4/27発売】26(ニジュウロク) 制作:タンブルウィード | タンブルウィードナゾトキショップ

 

『致命的観測をもう一度』(※マーダーミステリー作品)
【想定プレイ時間】150分~
【人数】6人固定
【系統】SF系マーダーミステリー
【値段】6,600円

ゲームマーケット2024春の先行販売について、取り置き分の事前予約が可能。
REDRUM03『致命的観測をもう一度』事前予約フォーム

※作品詳細(タンブルウィード公式X)
https://x.com/tumbleweedjp/status/1778016105673666736

 

どの商品も面白そうですね!

私個人としましては、「26-ニジュウロク-」が一番気になりますね~。

商品紹介で、『そこに仕掛けられた驚愕の真相に気づいた時、あなたの脳は極限まで振り回されるでしょう。大混乱必至の自信作、ぜひご堪能ください。』とあって、振り回されたい!!と思いました( ̄▽ ̄)

大混乱とは!?と、かなり気になっている持ち帰り謎です。

 

皆さんもお時間がありましたら、ぜひ、ゲームマーケットに行かれて、タンブルウィードのブースにも立ち寄ってみてください!(タンブルウィードブース番号:27

まとめ・感想

タンブルウィード×学生謎解き制作団体のコラボ公演、どれもとても面白かったです!各団体の味というか良さが出た公演ばかりで、楽しかったです!!

 

各公演追加日程がありますので、まだキャンペーン特典の『謎解き卒業試験』の冊子を手に入れるチャンスはあります!ですので、まだ参加していない公演がある場合には、ぜひとも参加して欲しいです!

 

というか、キャンペーンや特典の冊子が無くとも、単体の公演としても完成度の高い公演なので、行って欲しい!体験して欲しいです!

 

タンブルウィード×学生謎解き制作団体の4公演、どれもとても面白かったです!

ぜひとも、また共同制作の公演を作って欲しいです!

 

今回コラボしたとは別の学生謎解き制作団体とのコラボ制作も見てみたいですね~。しかも、最近は、リアル脱出ゲームでお馴染みのSCRAPが『リアル脱出ゲーム甲子園(全国高校生リアル脱出ゲーム制作選手権)』となるイベントを開催していて、高校生の謎解き制作団体もあったりしますからね~。

 

自分も、そのリアル脱出ゲーム甲子園の出場作品の公演に参加したことありますが、非常に完成度の高い面白い公演でした!

なので、タンブルウィード×高校生謎解き制作団体でも、面白そうです(^_^)

 

まぁ、大学生にしろ高校生にしろ、勉学に部活・サークル等に忙しいでしょうから、あくまで単なる希望ですが( ̄▽ ̄)

 

 

タンブルウィード×学生謎解き制作団体の“目指せ卒業キャンペーン”、とても面白かったです!

 

タンブルウィードとそれぞれの学生謎解き制作団体の実力、まじまじと見せつけられました(>_<)

4公演とも失敗ということで、完敗です!

 

結果的に全部失敗・・・・・ってことは留年!?

いや、『謎解き卒業試験』はクリアして卒業証書をゲットしてので、無事卒業ってことでいいのかな(;'∀')

ということは、これで謎解きからも卒業・・・・・

 

 

 

しませんけどね(゚∀゚)!

 

また、学生謎解き制作団体とのコラボ、楽しみにしています!

(次こそは、全部成功してやるぞ!)

 

 

XEOXY「タイムパフォーマンス」~解説が事前公開!?タイパ重視の謎解き公演!!~

どうもです。

タイパ意識低めの脱出警部です。

 

効率良く生きたいけど、自分のペースでダラダラ生きたい。

 

さて今回は、XEOXY「タイムパフォーマンス」に参加してきましたので、その感想を書いていきたいと思います。

 

解説が事前公開!?「タイパ謎」に行ってきた!!

今回、このXEOXYの「タイムパフォーマンス」、通称「タイパ謎」に参加しようと思ったきっかけは、公演発表のXのポスト。

そこには、

この公演では、時間が惜しい皆様のために"解説の事前公開"をしています。

と気になる文章が。

 

えっ、解説を事前公開!?

アホなんじゃないか(; ・`д・´)!!??

 

とはいっても、謎解きではおかしな設定な公演はたくさんあるので、まぁびっくりはしたけど、ただの設定なら・・・と思って公式サイトを見てみたら、

本当に、公開されてるやん( ゚Д゚;)

 

しかも、“過激な表現カット版”って( ̄▽ ̄;)

実際に見てみると、本当に解説でした。

しかも、解説を読んでからの参加を推奨してる(^_^;)

もうこれは・・・・・、

 

 

気になりますよね!!!!!

 

ということで、解説をしっかりと読んで参加してきました!

 

「タイパ謎」に参加!!

♦ ストーリー ♦

全ての謎解き公演に行くことは難しいという皆様のために、私たちは考えました。

公演の解説を事前に公開し、面白いと思った方に参加してもらえばいいのではと。

(※XEOXY公式サイトより引用)

なるほど~。

たしかに我々謎クラは、何でもかんでも謎解き公演に参加しちゃいますからね~。解説が事前公開されていれば面白いか分かる!面白いと思ったら、参加すればいいんじゃん!

 

・・・・・って、ある意味のネタバレやん!

いや、でも公式がネタバレしてるんだからいいのか・・・(・_・;)?

 

【公演詳細】
公演形式:ホール型    
所要時間:約120分
チーム人数:1チーム6人  
難易度:★★★★☆

個人的には、結構難しかったですね~。

いや、解説が公開されてるのに難しいってどういうことやねん!とお思いのあなた。

 

ぜひ、ご参加を( ̄▽ ̄)

(訳:やれば分かる。)

 

自分のチームは、めっちゃ解ける人がたくさんいたので私は後ろをついていくだけでした(;'∀')

 

今作も、XEOXYらしさ全開でした(^_^)

 解説が事前公開されてるのに、こんなに面白くなるんだ!と思いました。

なぜなんだ!?すごいよ、XEOXY!

 

解説が事前公開されているだけのただのネタ公演ではなく、謎などの公演の内容もちゃんと面白かったので、少しでも気になる方はぜひ参加して欲しいです!

 

ちなみに、自分のチームは成功しました~。

まぁ、解説は事前公開されているし、失敗することなんて・・・・・。

 

 

 

 

失敗します。

解説が事前公開されていますが、失敗チームが出るんですよ!!

ねっ!おかしいでしょ!?

 

でも、そんなおかしいことを平気でやってくるのがXEOXYですし、それをめっちゃ面白くしちゃうのもXEOXYなんですよ(・∀・)!

 

なので、安心して楽しんできてください。

 

まぁ、どの謎解きでもそうですが、この公演名の通りに効率よく解いていきたいものですね~。

 

 

ちなみに、自分の参加した回では半分くらいのチームが失敗だったかな。

何度でも言おう。

解説が事前公開されているのに!

 

つまり、そういうことです。難しいです。

いつものように、「情報共有」と「役割分担」をしっかりとね。

 

XEOXYらしい尖っていて、それでいて面白い公演です!

 

 

そんなXEOXYですが、ゴールデンウィークに人気公演の再演が行われるのです!

その名も、ゴールドラッシュ!!

どれも人気作ですね~。

自分も参加した公演は少ないのですが、参加したことある公演の中でおすすめなのが、「銀河生命体インフェルノからの脱出」「TABOO」です!!

 

まず、「銀河生命体インフェルノからの脱出」は“メルエ”という謎解き制作団体の公演で、メルエ公演の特徴は茶番要素満載の楽しい公演という点です!

 

結構わちゃわちゃして、謎解きすることを忘れてしまうくらいに盛り上がって楽しいです。おもちゃの銃とか色んな小道具などが出てきて、もう童心にかえって遊べます(^_^)

もちろん、謎もしっかりと解きごたえあった、謎解きの面でも面白いのですし、今回の再演は5年ぶり初再演とのことなので、この機会にぜひ参加して欲しいです!!

 

もう一つのオススメ公演である「TABOO」は、XEOXYの中でも屈指の人気公演でして、シリーズが6まで続いているのです。

第1弾(無印)の「TABOO」の感想記事もありますので、お時間がりましたらぜひお読みください。

keibuescape-nazotoki.hatenablog.com

 

 

さて、今回参加したXEOXYの「タイムパフォーマンス」は、XEOXYらしく尖った公演ですが、とても面白い公演です!

 

解説が事前公開されている奇想天外の謎解き公演。

何度も言うように、解説が事前公開されていても面白い公演なので、ぜひ挑戦してみてください!

 

それと参加する前に、しっかりと公開されている解説を読んでいってくださいね!

それの方がより面白くなるので( ̄▽ ̄)

 

それに参加する前に解説を読んで参加することで、効率よく解き進めることができます!

 

これぞまさに、タイムパフォーマンス(・∀・)!

とはいえ、何だかんだで時間が足りなくて、焦ってパニックにならないように。

 

時間(タイム)でパニックで、タイパってね(°▽°)!!